コスパ素材でボリュームアップ!もやしとエノキ入り鶏つくね

いつの日も家計の味方のもやし。作り立てがシャキシャキで美味しいですが、お弁当にもいいよ。

もやしとエノキ入り鶏つくねのレシピ

材料(小判形10個分)

  • 鶏ひき肉(グラム計り忘れましたが1パック)
  • もやし(1/2袋)
  • エノキ茸(1袋)
  • 大葉(小さい物を10枚)
  • しょうが(チューブでOK,1cmくらい)
  • 片栗粉(大さじ1)
  • 塩(小さじ1/2)
  • こしょう(少々)
  • ごま油(適量)

作り方

  1. エノキは一番下の部分を落とし、1cmくらいに切っておく。
  2. 全ての材料をボールに入れて、ねばりがでるまでよく混ぜる。
  3. 手のひらでタネを小判形にして、片面に大葉を貼り付ける。
  4. ごま油を引いたフライパンで、大葉が無い面を中火で焼く。
  5. きつね色になったら、裏返して一瞬焼き、また大葉が無い面に戻すして、フライパンに蓋をして弱火で2分ほど焼く。

大葉がついている面は、一瞬にしないと色が悪くなるので、焼かずに蓋をして蒸し焼きにするだけでもOKです。薄味なので、食べる時はポン酢をかけてどうぞ。

もやし、えのきといずれも100円以下というコスパ素材で、つくねをボリュームアップ。えのきは細かく切って入れることでねばりがでます。ビールのおつまみにも。

あー、もう飲みたい。