新学期に必須の持ち物、雑巾はいつから買う文化になったのか

我が家の息子の中学も、今週から新学期が始まります。白ヤギさん(中2)、お手紙は食べて帰ってくるので一切学校の情報がなく、先週ママ友にいつから始まるか聞いて知る始末だったんですけどね。

新学期の持ち物といえば、上履き・習字や絵具などの道具類・体操服・リコーダーなど…?小学校の頃はこれらに加えてお道具箱があって、始業式は結構大荷物でしたよね。時代が変わってもシステムは変わらず。持ち帰る必要ってあるのか…。

さて、新学期といえば新しい雑巾2枚というのがここのところ必須項目に入っています。私たちアラフォー世代が子供の頃は、雑巾も記名して自分のものを使っていたような気がするんですけれど、最近は無記名で持って行って学校が回収して、誰のとかじゃなく使うらしいですね。確かに、全員が雑巾使って掃除するわけじゃないから、干す場所も取らないし、汚れたら新しいストックをおろせばいいし効率的かも。

しかし、自分が使うわけじゃないから、買った雑巾じゃないと持っていくのがいやだなどと生意気にも中学生が言うわけですよ。う〜ん、気持ちはわかるから私も買いに行きましたけど(3枚 税込110円)、そもそも雑巾って古くなった布とかタオルとかでいいわけですよね?!何かがおかしい!

我が家では古くなったフェイスタオルは半分にしたり、小さく切っておいて、わざわざ雑巾として縫わずにウエスとして汚れた箇所を拭いて捨てるという形にしています。ハンドタオルも持ち歩いたりする日常使い→台所用の手拭きに格下げ→さらに台拭きに格下げ→最終的には雑巾にという順序で使ってます。

無印のタオルにも、最終的に切って使えるようになっているやつありましたよね。そんな風に、モノも使い切ってから処分するというのがいいんじゃないかなと思っております。だから新品の雑巾って、抵抗あるな…。小学校の低学年くらいの頃はまだ雑巾買ったやつじゃなくて、始業式前日に必死で縫っていた気がする。いつからこんなに安い新品の雑巾が売られ出したのか…。

そもそも、無記名で集めてストックしておくなら学校が諸々の雑費として徴収したお金から買えばいいんじゃないの。そうしたら無駄に余ることもないだろうし、持っていかない子(うちの子も持って行き忘れてそのままの回があるはず)と持っていく子が出たりもしないし、さらには親が雑巾を縫ったり、買いに行き忘れた!なんていう手間もなくせるしね。そんなことを思った月曜日でした。

明後日から学校だー。まだ課題全然終わってない様子の白ヤギ…。